PC

プリント基板を作ろう│スペクトラムアナライザの活用NAVI

測定に最適

デジタル信号処理方式の採用で、スペクトラムアナライザの価格は非常に安価になってきています。

テクノロジー

その内部構造は、従来はアナログ信号処理で実現してきたために非常に複雑でした。特にアナログフィルタ回路設計の基板実現には高度の技術力が必要でした。また、回路が非常に複雑になった弊害として、基板内での発振や雑信号の発生が起きる頻度も高く、そのための対策もまた高度な技術を要していました。その後、デジタル信号処理技術の代等によって、システム回路は大幅に修正され、非常に簡素な回路基板と信号処理ブログラムによってスペクトル分析を行う事ができるようになりました。

デジタル信号処理技術によるシステム構成で、より高精度な分析結果を得られるようになってきました。

スペクトラムアナライザの特長は、非常に簡素な電子回路と、デジタル信号処理専用のソフトウェアによって高精度なスペクトル分析が実現できる点にあります。具体的には、測定したい電気信号をアナログデジタルコンバータ回路によって離散化、量子化してデジタル数値に変換します。その後デジタル信号処理演算回路によって所望のスペクトル分析を行ないます。そして得られた結果は液晶パネルなどによって外部表示されます。近年の半導体の演算速度や表示速度の高速化に伴い、スペクトラムアナライザの測定速度も高速化されてきています。従来のアナログ信号処理方式を用いた計測機器とは異なり、信号処理のソフトウェアを変更する事で複雑なフィルタ処理や高精度のスペクトル分析も容易に実現できるようになってきました。