PC

プリント基板を作ろう│スペクトラムアナライザの活用NAVI

数値演算処理が凄い

テクノロジー

アナログ信号処理技術をベースとしたスペクトラムアナライザは、基本t3駅にアナログ電気回路による設計開発がおこなわれてきました。そのため、内部回路の構造は非常に複雑で特に雑信号や回路基板の固体発振など除外すべき電気信号が発生することで、計測結果に影響を及ぼすこともありました。その後、デジタル信号処理の発展と普及によって、それまではアナログ回路で実現してきた信号処理回路部をソフトウェアで実現したデジタル信号処理演算によって置き換えることが出来るようになってきました。そのため、それまでは非常に複雑で部品点数の多かったスペクトラムアナライザの回路設計は非常に簡素化した電子回路に置き換えることが出来るようになり、しかも構成する部品点数も少なくすることが出来ました。結果として、製品開発コストや製造コストが抑えられることで製品の流通価格は低コスト化がはかられるようになり、現在の流通価格では普及版のスペクトラムアナライザで概ね十万円程度が目安になってきています。今後は現在の価格を維持しながらより高性能、高精度な測定が行えるようになると考えられています。

スペクトラムアナライザは、アナログフィルタ回路などのように、使用する部品の固体が特性を左右するようなケースが珍しくなく、非常に高度な調整技術が求められてきました。一方、デジタル信号処理技術は、数値演算が基本にあるためすべては数値演算処理によって行われます。従って部品固体に依存した特性変化はおこりません。また、デジタル信号処理の演算に適した半導体の開発も手伝って、デジタル信号処理技術を用いた電子回路の普及は急速に行われてきました。それまでは様々な問題を抱えてはいたものの主流となってきたアナログ信号処理方式も、今ではほとんどがデジタル信号処理技術に移行しています。